栄養たっぷり体に良いコーヒーなら”穀物コーヒー”


コーヒーは大好きだけど、飲み過ぎれば、おなじみカフェインを摂り過ぎてしまうのでは?と思ってしまいますよね。そんな時には”穀物コーヒー”があるですよ。どんな感じでしょうか。

 

Sponsored Link



 

栄養たっぷりなコーヒーが”穀物コーヒー”

コーヒー大好きでも、飲む量は調整したい時ってありますよね。

何かとカフェインと摂り過ぎているとか…

お腹をこわしてしまったから、カフェインは良くないのでは…とか

そんな時には”穀物コーヒー”があります。

 

穀物コーヒーは、ミネラルやビタミンなどの栄養が豊富な健康飲料なんですよ。

カフェインを含まないので妊婦さん、胃腸が弱い人、寝る前などに安心して飲めます。

さらに、陽(温)の性質を持つので、からだを温めてくれるようです。

こころが疲れている人が飲むと気持ちが前向きになるとも言われていますね。

 

Sponsored Link


 

穀物コーヒーには、チコリ、大麦、ライ麦、小麦などがブレンドされています。

ヨーロッパではハーブコーヒーというジャンルで愛飲されているそうですよ。



同じ植物のコーヒーでは「たんぽぽコーヒー」が有名ですよね。

でもコーヒーという感じではあまりないのではないでしょうか。

どっちかというと「お茶」ってかんじ。

穀物コーヒーはしっかりとコーヒー豆のコーヒーの十分なかわりになりそうです。

 

”穀物コーヒー”はどう飲むの?

 
粉末状になっているので、お湯で溶かして飲みます。

サッと溶けて、味は、コーヒーよりも苦味が少なくて、とってもまろやか!

お子さんには、温めた豆乳とはちみつを入れると飲みやすくなります。
 
日中、集中したいときは本格コーヒーを、

寝る前や胃腸の調子が悪いときには穀物コーヒーを飲むなど、

必要に応じて飲み分けるのもいいですね。

 

Sponsored Link


 

最後までご覧いただいてありがとうございます。
 
<参考情報:Setagaya-1 HP 経堂自然食品センター/アメーバニュース より>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ