ブログエディター「ScriveFire」を使ってみた、簡単で便利かも。

a0001_014261_m

ブログを書くのに、便利な道具としてブログエディターがありますよね。今回新たなブログエディターとして「ScriveFire」を使ってみました。

その特徴や使用感はどのようなものなのでしょうか。

 

Sponsored Link



 

「ScriveFire」の特徴とは?

私は普段、WordPressでブログを書いています。何かもう少し効率的なやり方はないかと思い、

ブログエディターなるものを導入してみました。

WordPressで書いていると、よいのですけど、アップするとその都度更新して時間がかかったりします。

いや全部できてから更新すればよいのでは…ともいえますが(笑)。

なんか途中でも保存しますよね。

そんなので、通常はwindows のサービスのひとつ。

「Windows Live Writer」を使っています。

でも今回、モバイルパソコンを新たに購入。Windows Live Writerを使おうとしたら、インストールできず、他のブログエディターを探していて

「ScriveFire」に注目ということです。

 

まず「ScriveFire」の特徴は…

これ「Google Chrome」上の拡張機能です。

もちろん無料。ブラウザ上で機能するものなんですね。

普段Google Chromeを使われている方であれば、すぐにつかえますよ。

また他のFirefoxやOperaやSafariといったものでも使用できるようです。

 

ブラウザということなので、途中で「✕」マークをクリックしてしまったら、作った文章が消えちゃうの?って気になりますが、

大丈夫。しっかりと保存されています。

グラウザ上なので、Google Chrome上では、他のサイト表示されるのと同じように、一つのタブで表示されますから、

他のサイトを参照するのもラクですね。

 

Sponsored Link


 

設定も簡単そして使用感は?

またともかく設定がすごく簡単です。

Google Chromeの拡張機能でそのページへいけば(ScriveFire

新しいブログを追加 →「URL」にブログのURLを入力し次へをクリック。

すると指定した自分のブログが出てきます。

その後 自分のブログのユーザー名とパスワードを入力して「完了」をクリックすればOKです。

 

その使い心地は…

ともかく”速い”という印象です。この速さは、ブログエディターを使う利点の一つですが、

この「ScriveFire」は速いって感じですね。

 

また特徴として…

マークダウン記法という文章の記述方法が使えるようです。

タグ打ちが楽になるといったところでしょうか

 

 

私は、現状下書き用に使っています。

下書きする場合は右下の「現在の状態を保存」をクリックすると、WordPressに下書きされます。

画像などの取り込みなどはWordPressで行って、

最終調整して更新していますね。

 

また他のパソコンでも使えます。

Google Chromeを用いて、

同じ自分のGoogleのアカウントを用いて、拡張機能でScriveFireをつければ

使えます。

結構便利なブログエディターです。ブログ執筆のスピードアップですよ。
Sponsored Link


 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ