2016年バレンタインは自分チョコ、これぞ一品をご褒美に。

161007_1

 

2016年のバレンタインデーは日曜日なんですよね。そういう意味でご自身にご褒美を上げても良いかもしれません。でもどんなチョコにしましょうか。

 

Sponsored Link



 

フルーツ好きにはこのチョコレート

せっかくのバレンタイン。自分にあげるのには…

フルーツで。そう、老舗の『新宿 高野』でしょう。

今年創業130年です。

そんな高野の新商品は、「Fruitティラティス」期間限定です

 

色とりどりのフルーツをふんだんに使った新宿高野ならではのティラティスですよ。

フルーツの酸味とミルクチョコガナッシュの甘さの絶妙なバランス。

チーズの代わりに「チーズのような豆乳クリーム」を使うことで、コクがあって、軽くなめらかな味わいに仕上がっています、ヘルシーですよね。

オレンジミックスピューレにリキュールを加えたシロップをしみ込ませたスポンジ。うん大人の味わい。

 

手軽な自分チョコには

コンビニも負けていませんよ。

ミニストップです。

ご褒美としてちょっと贅沢なチョコレートを食べるのに…

第4のチョコといわれるブロンドチョコレートを使って、

LL_img_88143_1

 

チョコレートの本場ベルギーで作られた少し贅沢な「MSアラカルト ブロンズタイプチョコ」

とか

 

 

またなんと世界最高峰の菓子職人によって組織される「ルセ・デセール」に名があるパティシエ

洋菓子世界チャンピオン「ミカエル・アズーズ」と

ベルギーチョコレート大使「マーク・デュコブ」の2人のパティシエが

コラボした「デュッセ・ジャポン トリュフショコラアソート」 という本格チョコレートもありますよ。

 

Sponsored Link


 

やっぱり一品はゴディバ!

じつは”自分チョコ”

ご予算はいくらかというと

”¥3,000強”です(株式会社大丸松坂屋百貨店 調べ)

結構ですよね。

だったら…

チョコと言ったら…『ゴディバ』でしょう

149811_1

ゴディバ (GODIVA) レジェンデールトリュフ ¥2,808

 

ゴディバで初めてのトリュフから、最新のトリュフまではいってます。

長い時間の中で、歴代シェフがひと粒ひと粒に思いをこめたチョコレートなんです。

909921_gold7

ゴディバ(GODIVA)ゴールドコレクション7粒 ¥1,620

 

ゴディバ定番のコレクションです。

なめらかな口溶け、上質な香り、美しい形、やっぱりゴディバですね。

 

こんなご褒美をご自身にあげても全然良いのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

最後までご覧いただいてありがとうございます。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ