羽生結弦選手が世界最高得点を出した直前に聞いていた曲は何だ!

MKJ_aisusuke-to-thumb-1000xauto-13694

羽生選手の活躍は、すご過ぎ、進化しまくっていますね。

そんな羽生選手がグランプリファイナル2015で男子史上初の3連覇を達成!その直前まで聞いたいた音楽が判明しました!

 

 

Sponsored Link



 

 

羽生選手のお気に入りのONE OK ROCK(ワンオクロック)ってどんなアーチスト

羽田に帰国し、インタビューに答えた羽生選手。演技の直前まで聞いていた曲について聞かれると、

「『ONE OK ROCK(ワンオクロック)』さんには本当に助けられました」とコメント、

ご本人の力はもとより、音楽の力も借りているんでしょうね

 

ONE OK ROCK(ワンオクロック)は、Taka、Toru、Ryota、Tomoyaの4人からなる日本のロックバンド。

2005年4月から活動。

「ONE OK ROCK」と書いて「ワンオクロック」と読む。 結成当時、練習スタジオに入るのが、深夜パックで料金が安くなる毎週末の午前1時(one o’clock)だったことから、o’clock部分をOKとROCKに置き換えて名付けられた。… 略称としては『ワンオク』『OOR』が用いられる。また数字では「10969」と表現される。<Wikipedia>

 

羽生選手が聞いていた曲は、「完全感覚Dreamer」と「キミシダイ列車」

 

羽生選手が上げたのは「完全感覚Dreamer」と「キミシダイ列車」。

 

「とにかく歌詞もそうですが、自分がモチベーション上がっていけるように、

過去といまの違いというか、過去があるからいまがあると、感じながらやれたと思うので、

それはすごく聞いてました」とコメントしています。

 

 

Sponsored Link

私なりに感想を書くと…

4th シングルで2010年2月3日にリリースしたのが

『完全感覚Dreamer』

ドラムが印象的で、うまい!明るく元気なる曲ってかんじの印象ですね。

ノリノリです~。

歌詞の中で印象的なのは…

「弱いようで強い僕!」

「完全感覚Dreamerが僕の名さ」

 

夢に向かって強くある!ってかんじが好感が持てます。

 

 

もう1曲

「キミシダイ列車」は

コレも乗りのいい明るめの曲です。

 

メッセージ性がとてもありますね。

「何かのせいにして逃げてはいないかい?」

「過去の自分が今僕の土台となる」

などなど

 

個人的には励まされますね。

何か大変なことに向かうときに聞きたい曲です。

 

 

Sponsored Link


 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

<参考情報:日刊スポーツ>


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ