プリンスセス天功ってどんな人、イリュージョンをもっと見たい!

 

 

a1720_000001_m

2015年紅白歌合戦も近づいて楽しみになってきました。

そんな中AKB48がプリンセス天功が演出するイリュージョンに挑戦。

でもプリンセス天功ってどんな人なんでしょう。どんなイリュージョンを見せる人なんでしょうか。
 

Sponsored Link



 

プリンセス天功ってどんな人

2015年年末の紅白歌合戦、AKB48は10周年を記念して、高橋みなみを中心にプリンセス天功演出のイリュージョンに挑戦します。

プリンセス天功ってどんな人なんでしょう。

 

公式HPでは…

日本では歌手、そして女優としてデビュー。その後エスケープアーティスト二代目引田天功(The2nd.TENKO Hikita)となる。

世界的には、イリュージョニストPRINCESS TENKOのステージネームで知られる。

1990年に、女性として初の快挙となる<マジシャン オブ ザ イヤー>を受賞。

1995年からは米国アニメシリーズの主人公モデルとしてキャラクター人形と共にミリオンヒット。

米国、欧州、日本、アジアと全世界でイリュージョンレヴューを年間300ステージ公演中。

となっています。

 

もともと「引田天功」というのは初代がいて、

 

初代・引田 天功(ひきた てんこう、1934年7月3日 – 1979年12月31日) は、日本のマジシャン(イリュージョニスト)、催眠術師。本名は引田 功(ひきた いさお)。師匠は松旭斎天洋。水中や爆発などの極限状態からの脱出マジックを得意とし、「日本の脱出王」の異名を取った。<Wikipedia>

そう、テレビなどでまさに命がけの脱出のマジックをしていた人なんです。

私も小さいときにテレビでやっているのをよく見ていました。

仕組みは大体オープンにしていまうんですけど、本当にどうやってそこから脱出、逃げるの!?という感じでしたね。

 

でそんな大変な人の名前を襲名したのが…

なんと当時とても若い女の子の『2代目 引田天功』だったんですね。

そんな彼女が本当にそんなことできるのか、みているこっちが不安に思う感じでしたね。

 

でもその後は大活躍!

脱出も命がけ!でやっています。

アメリカに渡り、イリュージョニストとして活躍。

またアニメが出来て、すごい売れっ子になります。

そのドール「テンコー人形」が800万体売れるなど、

海外で人気の高い日本人の一人ですね。

その人となりは、女性らしさを失わずでも、アメリカのショービジネスで生きてきた人ですから、

その仕事術もとても参考になります。

当ブログでも、その著作「プリンセス天功の夢とキャリアを必ず実現させる! ビジネス最強の法則」

を元に少しご紹介しています。

(記事「目標はプチに」)

 

現在では、企業コンサルティングなどビジネスだけでなく

アフリカ野生動物保護団体A.W.F日本親善大使。

レスキュードッグ育成団体特定NPO法人日本レスキュー協会特別顧問。

など公的な立場ももって日本でも大活躍ですね。
 

Sponsored Link



 

プリンセス天功のイリュージョンをもっと見るには?

さてそんなプリンセス天功ですが、

今回AKB48の演出をします。

どんなイリュージョンになるのでしょう。

 

実は2015年12月13日までなんばグランド花月でなんと吉本新喜劇・座長辻本茂雄”茂造”とのコラボレーションで

「プリンセス天功×辻本茂雄 NEWニューイリュージョン新喜劇 ~なんばグランド花月から大脱出せよ!~」をやっていました。

世界初、日本初の”ヘリコプター”を使った新イリュージョンだったようです。

 

その中で吉本のタレントさんとイリュージョンをやっているので…

ココから先はネタばれになってしまうかも知れないので見たい方は

以下URLをご参考に。

(http://blogs.yahoo.co.jp/tenko_illusion/14140270.html)

 

でライブでのプリンセス天功の2015年12月現在、日本国内での予定は発表されていません。

 

ニューイリュージョン新喜劇を更に高度なイリュージョンで再共演したい!とは出ていますね。

 

そこでちょっと古いもので、イリュージョンとはいえないようですが、DVDは出ています。


引田天功の華麗な世界 [DVD]2005年

 

プリンセス天功の世界を垣間見たい方にはよいかも知れません。

 

Sponsored Link


 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

<出典:プリンセス天功・引田天功OFFICIAL WEBSITE >

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ