2016年良い手帳の主流は何?

a0002_011013_m

 

そろそろ来年の手帳をどうしようと考える時期ですよね。

例年どおりのものを使っていくのか、それとも変えてみようかとか…

スマホと紙と…

 

 

確かにスマホと紙ベースの手帳と両方使うことも一般的になってきているようですが、

手帳の売上自体は多少ながら伸びているそうです。

 



使う人によって様々な手帳がありますが、

これからの良い手帳の主流は何でしょうか。

 

 

2016年の主流は、1ヶ月分をカレンダーのように書き込めるタイプ

 

カレンダーに予定を書き込んでいる方もいると思いますが、それを手帳にした感じです。

いやいやそれは今までの手帳の中にもあったでしょうと、思われるかもしれません。

しかしこれからという意味では…

 

見開き1ヶ月の1年分(つまり24ページ)とメモページだけ

A4サイズで薄手のファイルフォルダーのようなもの

 

なんですね。

つまり、A3サイズのカレンダーを持ち運びする感じ

でも薄くて軽い。

月間予定表にそのまま詳細が書き込めるかんじでしょうか

そして1日1行のマンスリー欄も右側縦に用意されています。

 

例としては、デザインフィルの「フラットダイアリー」シリーズ。

 

 

なにが良いかは人それぞれとは思います。

でもこんな手帳もあるんですね。

 

日々の細かなことはスマホで、

1ヶ月を俯瞰しスケジュール管理するならカレンダー型でと、使い分けもよいでしょう。

 

<参考資料;日経トレンディネット>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ