プライド?

こんにちは。

オリンピックが盛んです。

フィギュアスケートに注目が集まる中、

スピードスケートの長島選手の報道に注目しました。

非常な実力者であるにもかかわらず、自分がさらに成長するためか、

有力な選手であれば(画面では女子選手でしたが)、その後ろにつき、そのフォームを

研究していました。

自分のプライドを捨てて、更なる成長のために、もがいているように感じました。

 

また、iPS細胞の山中教授は、STEP細胞の研究に対して、iPS細胞で培った様々なノウハウ

を「要請があればどんどん提供したい」と述べたとのこと。

 

ここで感じるのは、お二方とも、”自分を超えている”ということではないでしょうか。

お二方とも今ままでやってきたこと、それは並々ならぬものがあるはず。

自分のやってきたことに対して、こだわったり、固執してもおかしくないように感じます。

しかし、それを超えて”さらに…”というところが素晴しい!

そこにどんな思いがあるのか、聴いてみたいように感じました。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ