ビジネスを学ぶのに良い考え方とは。

a0008_001879_m

将来自分が起業なり副業をしようと思った時に少しでも準備をしておきたいものですよね。

よく言われますが、、会社員やサラリーマンのうちにいろんな経験を積んでおくことが良いと言われます。

ちょっと言葉もよろしくないかもしれませんが、会社のお金を使って実験ができる、なんてこと言う人もいます。

そんな方へビジネス的な思考を鍛える良い方法があります。

 



 

「自分でできないかという思考と発想」

「自分がお金を払うとき、「次からは自分でできないか?」を考える

サービスを受けてお金を払うときは、次からは自分で同じことがやれるくらい、

彼らが提供するものをじっと観察、盗むように意識してみることも大切だと思っている。」

午堂登紀雄さん

これ面白いですよ。
例えば、理髪店に行って髪を切ったとします。

専門店のテクニックはもちろんあると思いますが、

お客さんの要望を聞き、デザインをイメージし、テクニックを持って髪を切っていく。

髪の毛を洗い、ヒゲを剃る。ドライヤーをかけてセッティング…

これもし自分で「次からは自分でできないか。?」と考えていくと…



セルフで切れる道具がありますよね。見た目はよろしくないかもしれませんが、自分でできます。

髪の毛を洗って、ヒゲを剃って、ドライヤーをかけるのも自分でもできます。

理髪店で髪を切るということは、もちろん他人にやってもらう、ということもありますが、

デザインであったり、接遇であったりといった付加価値も大事であることがよくわかります。

ちなみに、もし自分でやれば、随分お金が浮きますよね。

 

「まとめ」

この事の効用は、実際にビジネス構造を考えることができたり、もちろん自分の将来のビジネスに応用できないか、

ということ考える訓練になりますし、実際のアイデアを得ることができるかもしれません。

それだけではなくて、もし自分でやったら実際に費用が浮いたりするかもしれませんよね。

 

自分の思考を鍛える良い方法の1つですよね。



 

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ