アイデアに行き詰った時、すばやく解決するには?

a0002_001517_m

何か仕事をしていて、アイデアに行き詰ってしまうことってありますよね。

出てきたとしてもありきたりなものにになってしまって、面白みがなかったり…

そんなときに便利なシートがあります。



 

物事をいろいろな角度から見て発想する、そして再構築する

アイデアを発想するというと…

「オズボーンのチェックリスト」やいろいろな発想法がありますよね。

 

今回は『Fast Idea Generator』というアイテムです。

特徴的なのは

考えを広げる手がかりとなるような9つの項目と

それぞれについて「通常のルール」「型破りな方法」を書き出せるようになっています。

その9項目とは…
(1)逆転の発想


(2)アイデアの統合



(3)アイデアの拡張



(4)細分化



(5)新しい要素の追加



(6)削るべきもの



(7)別ジャンルのことと関連させる



(8)別ジャンルの実践から学べる要素は?



(9)一番言いたいこと


ですね。

 

例えば、「インドで教師をやっているが、田舎なので各家庭から学校までが遠い。

多くの子どもは学校や幼稚園にも通ったことがないので、

教育の制度を変えて多くの子どもに学んでもらいたい」というという難題に直面した場合を考えてみます。

「学校に通えない子どもに教育を受けさせるには?」という議題について

Fast Idea Generatorを使うと、以下のような感じに。

(1)逆転の発想
・通常のルール:教室で子どもが学ぶ
・型破りな方法:子どもいる場所に教室を持っていく

(2)アイデアの統合
・通常のルール:教師と保護者が対立する
・型破りな方法:教師=保護者になる

(3)アイデアの拡張
・通常のルール:保護者は学校に子どもを連れてくる役割
・型破りな方法:保護者も一緒に授業を受ける

(4)細分化
・通常のルール:1対多数の授業
・型破りな方法:少数グループによる授業

(5)新しい要素の追加
・通常のルール:いくつかの地域の子どもが集まる1つの学校
・型破りな方法:村で幼稚園の授業も行う

(6)削るべきもの
・通常のルール:教師になるには国家資格が必要
・型破りな方法:国家資格は不要

(7)別ジャンルのことと関連させる
・通常のルール:マーケティングと教育は別
・型破りな方法:マーケティングは教育の訓練の一部

(8)別ジャンルの常識を転用すると?
・通常のルール:教師は特別な機関で訓練する必要がある
・型破りな方法:友人に雇われる

(9)究極の目標
・通常のルール:決まった1箇所で授業が行われること
・型破りな方法:いつでも、どこでも学べること

書き出したアイデアについて、「これはやりすぎ」「いまいち」「実現が難しい」など評価を行っていき、実際に行動に移すべきことを検討していくわけです。

 



 

通常の”ルール”と”型破り”な方法とをあえて比較・発想する

そしてそれらから、現実検討して『再構築』するというところがキモですね。

 

 

現状から開始しながらも、その行き詰まりを、いったんこわしたり曲げたりなどすることで、

あらたな発想を得るということがとても役立ちますね。

 

もちろん、現実的には「時間」「費用・経済的」「人的資源」などなど他の要因がもちろん

絡んでくるでしょう。

 

ですから個人的には

そしてココから再構築することも、大事なのだと思います。

 

ちなみに上の例だったら…

地理的問題なら

地域ごとに子供を集めて

 

先生不足なら、

保護者なり年長者が、教育プログラムを学んでそれを教えてもらう

 

お金が許すなら

E-ラーニングもあり(電波が届く??)

 

確かに難題に対する解決するアイデアができますよね。

こんなツールも持っていると役立ちますね。

 



最後までご覧いただいてありがとうございます。

<出典:Gigazine   http://gigazine.net/news/20151204-fast-idea-generator/>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ