父の日のプレゼントの定番とは?どう決めたらいいの!?

もうすぐ父の日ですが、母の日と違ってプレゼントとして何を贈るか

ましてどう決めたらよいのか悩みどころですよね。何を贈ったら喜ぶのか…

特に義父などあまり関わりがないお父さんだとなおさら。情報不足だったり、何を喜んでくれるのか思案のしどころです。

父の日の定番はどんなモノでどう決めたら良いのでしょうか。

 

Sponsored Link



 

父の日の定番のプレゼントとは

母の日ならカーネーションって、一般的のも決まってますが、父の日はそこまでは

決まっていないもの。

でも父の日にもそれなりの定番はあります。

世のお父さん、どんなものが欲しいのでしょう。

それは…

 

「お酒」30%

「直筆のメッセージ手紙」27%

「手作りのもの」23%

「ファッション小物」20%

「似顔絵」19%

「肩たたき・マッサージ(券)」18%

「その他」17%

「衣類」17%

「スイーツ」15%

「グルメ」13%

「趣味・スポーツ用品」10%

「ギフトセット」3%

「花・盆栽・観葉植物など」2%

(「1500人のお父さんに聞いたホンネ調査」2015年4月スマートアンサー調べ)

 

やっぱり”お酒”ですね。そして

”ファッション小物、衣料系”。

”スイーツ・グルメ系”。

といったところが買える贈り物でしょう。

 

Sponsored Link



 

さらに具体的な父の日のプレゼントってなんのでしょう。

”お酒”と言っても

「ビール」 「焼酎」 「日本酒」 「ワイン」 「ウイスキー」

の順番のようです。

ビールが好きなんですね。でもココらへんは、その人の好みが出ますから、

日本酒党の人もいますでしょうし、お好みを聞けると良いですよね。

 

”ファッション小物、衣料系”では

「ポロシャツ」 「Tシャツ」 「財布」 「ネクタイ」 「腕時計」 「靴下」

の順番のようです。

ポロシャツは定番でしょう。着るものの場合は似合う似合わないがありますよね。

そして財布 ネクタイ 腕時計 靴下と普段身につけられるものが良いみたい。

普段のファッション傾向を参考にすると良いでしょう。

そして…

 

”スイーツ・グルメ系”では

「肉・肉加工品」 「カニ」 「魚介セット」 「うなぎ」 「スイーツ」 「ウニ・イクラ」

の順番のようです。

案外”肉”を好むんですね。ざっくりみると、お酒に合うものって感じもしますね。

一方 スイーツの健在。甘党のお父さんだっています。洋菓子だけでなく

和菓子も検討してもよいかも。

a0001_016528_m
 

さて定番のプレゼントはご紹介しましたが、

一体いくらぐらいの予算が良いのでしょう。

もちろん、各々の経済事情もありますでしょうし、毎年のことでもありますから

相場がありそうです。

調査だと…

「2,000~3,000円未満」27%

「4,000~5,000円未満」21%

「1,000~2,000円未満」16%

といったところ。

贈る側の年代であったり、お世話になり具合?などの状況によっても

違うのかも知れませんね。

 

 

でも父の日のプレゼントって、どう決めたらいいの?

父の日のも今まで見てきたような定番がありますけど、

予算にあわせて定番を選べば良いといえば良いのでしょう。

しかし…

何を贈ったら、喜んでくれるのか、お父さんの好みや趣味がわからなかったりもしますよね。

そんな時はどう決めたら良いのしょうか?

それは…

”プレゼントにどういう思いや気持ちを込めるのか”

ではないでしょうか。

 

例えば

「健康でいてほしい」

「いままでありがとうと感謝を伝えたい」

「これからもよろしくお願いします」

いろんな思いがあるはずです。

それを”プレゼントで表現”してみる。

 

例えば「健康でいてほしい」なら

健康グッズ というのもあるかもしれませんが…

「健康によい食べ物」だったり

「健康によい衣料品」だったり

お酒だって「百薬の長」となりうるものだったりしてもよいのではと思います。

 

まとめ

義父とかよくわからない場合ってあると思います。またはちょっとクセのあるお父さんなら、

ぼそっと「こんなの?」なんていう方もいるかも

でもそれは、きっと「照れ隠し」ですよ。

子どもからは何をもらっても親というのは嬉しいものなんです。そんな時は気負わずに贈ってみてもよいでしょう。

アンケートの中には

「直筆のメッセージ・手紙」や「手作りのモノ」 「肩たたき」なども

ありました。

コレって…

直接子どものことが感じ取れるものが喜ばれる

ように感じませんか。

モノだけでなく 「言葉」も嬉しいものですよね。

ちょっと照れながらも

「ありがとう」って伝えたいですよね。

 

最後までご覧頂いてありがとうございます。

 

Sponsored Link


 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ