お部屋の温度・湿度を調整して快適に過ごそう!

a0002_003878_m

冬になれば、段々と乾燥してきて、寒さとともに温度・湿度調整しようとか、

夏になれば、逆に暑さとともに、湿度が上がって不快になってきますよね。

これらは”インフルエンザ、熱中症、カビ・ダニ、食中毒”と代表的な病いの温床になるものではないでしょうか。

 


季節による理想的な環境は?

冬に向かってだんだんと寒くそしてかさかさしてきますよね。

理想的な室温は18度から25度

湿度は40%から50%

といわれています。

湿度が低く(40%以下)となるとインフルエンザが活発になるようです。

またダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと急激に繁殖を始めます

気流は少な目の方が乾燥を防げるようですね。

 



また夏に向かって行くと…

暑くそしてじめじめしてくるものですよね。

 

理想的な室温は25度から28度くらい

湿度は50%から60%のようです。

 

これらを把握して、適宜調整していくことが健康に良いですよね。

でもどう温度や湿度を把握するか。

 

温度計・湿度計もありますが、

そんな健康意識の高い方に強い味方がありました。
(セイコークロック) SEIKO CLOCK 快適環境NAVI ソーラー電波掛け置き兼用時計 SQ436W 温湿度表示 日付 白パール塗装 ホワイト デジタル
 

これは、温度・湿度もさることながら

状態に応じてインフルエンザ、熱中症、カビ・ダニ、食中毒の4つの注意を教えてくれます。

快適な場合は「OK」を、

温度や湿度を調節する必要がある場合は「注意」を表示します。

そして状況に応じて「インフルエンザ」、「熱中症」、「カビ・ダニ」、「食中毒」の4つの注意を

”文字アイコン”で表示し、注意をしてくれるのです。

 

とても便利な機能ですね。

下位の機種もあります。

SEIKO CLOCK(セイコークロック) 快適環境NAVI 温度表示 湿度表示 デジタル電波目覚まし時計(白パール塗装) SQ776W SQ776W

 

受験生をお持ちのご家庭や快適なオフィスづくりにいいですよね。

また健康を気遣う方へのプレゼントなどにもいいかも知れませんね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ