ビル・ゲイツの「2015年記憶に残る本」の中で翻訳されている本とは?

a1640_000076_m

Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏は毎年、その年に読んだ本の中で

記憶に残るような本紹介しています。当然洋書です。

でもわたしを含め英語が苦手な方に、それらの中で翻訳され、日本語で読める本があります。

少しでもビル・ゲイツ氏に触れてみたい方のご参考に…

 

 



 

 

「ビル・ゲイツが選ぶ2015年の読むべきベスト本」とは

まず「ビル・ゲイツが選ぶ2015年の読むべきベスト本」としてあげた

6冊とは

 

1:Thing Explainer: Complicated Stuff in Simple Words

 

2:Sustainable Materials With Both Eyes Open

 

3:The Road to Character

 

4:Eradication: Ridding the World of Diseases Forever?

 

5:Being Nixon: A Man Divided

 

6:Mindset: The New Psychology of Success

 

の6冊になります。

英語の得意な方は是非。

でこの中で和訳されている本を自分なりにamazonで調べてみました。

結果は…

 

Mindset: The New Psychology of Success です!

 

『「やればできる!」の研究』

 

「やればできる!」の研究―能力を開花させるマインドセットの力 単行本 – 2008/10/27
キャロル S.ドゥエック (著), 今西 康子 (翻訳) 草思社

 

です。

題名が Mindset→ やればできる!   ってちょっと違うって思ってしまいました。

 

本の内容としては、

問題がむずかしいとやりたがらない子、むずかしい問題ほど目を輝かせる子。

一度の失敗で、もうダメだと落ちこむ人、失敗すると、何がいけなかったのか考える人。

このちがいはどこからくるのか?能力や才能は生まれつきではないことを20年間の調査で実証した貴重な研究。

著者は
ドゥエック,キャロル・S. 氏。

スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な研究者。

このドゥエック教授は

大人と子どもの両方を対象とした20年に及ぶ研究で

「人格や知性は本人の生まれ持ったものではなく、成長させることができる」と信じることが、

大人にも子どもにも著しい変化をもたらす、という発見をしたんですね。

 

「固定された思考態度」ではなく「成長する思考態度」が大切ということのようです。

とても示唆に富んだ良書ですね。

さすがビル・ゲイツ氏。



 

 

最後までご覧いただいてありがとうございます。

<参考情報:Gigazine より>

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ